ここで燃えなきゃ、いつ燃える?! 本気になったら“HONKI 塾”!!

 
燃える受験生、HONKI塾

学習塾の種類

学力別分類

塾は、対象とする生徒の学力によって、進学塾、補習塾、救済塾、総合塾の4タイプに分けられます。進学塾は、入塾テストでふるいにかけて、5段階評価で5または4の生徒を集めて、独自のカリキュラムで先取り・予習型の授業を行っています。補習塾は5段階評価で3や2の生徒に対して、学校の教科書や教科書準拠問題集を使って、復習型で学校の授業の補習をしているところが多くあります。救済塾は5段階評価で2または1の生徒が主対象で、平均点を取れることを目標に弱点克服に力を入れ、総合塾は、進学塾の要素と補習塾の要素を兼ね備えた塾で、通っている生徒の学力に合わせた指導をしています。

指導方式別分類

一斉指導と個別指導、個人指導の3種があります。一斉指導はコミュニケーションが一方通行の講義型授業なので、学力向上効果が期待できるのは、5段階評価で3〜4以上で自分から積極的に勉強することができるという生徒に限られます。個別指導は2〜4人の生徒に1名の講師がついての演習(問題を解くこと)が主体の授業で、分からない点はそのつど講師に質問できるので、自分で積極的に勉強することができない生徒でも成績が上がります。個人指導は個別指導をさらに手厚くした1対1の授業(家庭教師に近い)なので、成績が1の生徒でも成績が上がりやすいでしょう。

なお、一斉指導には進学塾と補習塾があり、進学塾が多くあります。個別指導にも進学塾と補習塾がありますが、補習塾が多数派です。個人指導には補習塾と救済塾があり、救済塾が多くあります。

1クラス人数別分類
1クラスの生徒の人数によって、大人数クラス塾、少人数クラス塾、個別指導/個人指導塾の3タイプに分けられ、授業料は、1クラスの生徒数が少なければ少ないほど高くなります。

大人数クラス塾は1クラスの生徒数が30名〜50名程度で、塾によっては100名を超えることもあるようです。この人数では、講師は生徒全員の名前と顔すら覚えられません。少人数クラス塾の1クラスの生徒数は6名〜15名程度です。この人数なら講師は生徒全員の名前と顔、さらにはだいたいの学力も覚えられるでしょう。個別指導は1クラス2名〜4名。この人数になると講師は生徒の詳細な学力に苦手な単元、さらには性格や体調、精神状態まで把握できます。

大人数クラスはほぼ100%が一斉指導塾です。少人数クラスは大半が一斉指導塾ですが、個別指導併用の一斉指導塾(通常は一斉指導で試験前や入試前には個別指導の授業を追加し、、一斉指導の講義と個別指導の演習を交互に行うなど、組み合わせ方は各種)も存在します。

ページのトップへ




 
Copyright (C) 2008 Juken-Mikata.Com. All Rights Reserved.